スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ記事

ロゴ

今日の雑種エビ
実験水槽

現在の飼育種

ビーシュリンプ バンドメイン
ゴールデンアイ 赤錆系統
ブラックダイヤゴールデンアイ 
チョコレートシュリンプ
シャドー系 フルブラック、レッドからパンダまで色々
その他実験個体等
現在 黒青バンドビーの作成中 いいのが出たら画像載せます



現在のオークション出品状況

楽天オークション

現在出品はありません。

yahooオークション
チョコレートシュリンプ抱卵個体等出品中


スポンサーサイト

飼育環境管理編

「おまえ管理なんてしてなくね?」
と、疑いの目を向けるウチの猫ですが・・・


ぬこ

はい。管理なんてしてないに等しいです。
記事にすると言ってしまった手前一応書きますが・・・
参考には絶対ならないので悪しからず。

まずは毎日の餌やりです。
餌は調子を見ながら、シュリンプ栽培センターのシュリンプフード、
タイガーアルジグラス、横濱良品激喰シリーズ松、自家栽培ホウレンソウ
なんかをサイクルさせてます。
3本ほど完全無給餌の水槽もあるのですが、それはまた別記事で・・・

次に・・・書くことはあまりないですが一応・・・
水替えですが・・・してません。
蒸発分を蛇口直結のホースでジャバジャバと足しているだけです。

外部濾過槽の掃除・・・最低でも1年はしないです。基本的にリセット時のみ。
以前は割とやっていたのですが、いじるとロクなことが起こらないので・・・

ソイル交換、リセット・・・2年くらいやりません。
目安としては、ソイルが崩れれば交換しています。
全滅クラスの大災害が起きればリセットしますが、過去に1度起こっただけです。

別記事にしようと思っている無濾過無給餌ベアタンクでの実績から
「管理なんていらなくね?」
という考えから今後更なるズボラ化を計画中ですが、
まずはソイル使用の廃止、外部濾過の廃止
この2つを試していこうと思っています。

いずれにしても根拠となる成分や数値を計測していないので
参考にはならないですし、あくまでも自分の手抜きのためにしかなりませんが・・・

現在の飼育環境

あまりにいいかげんな管理のため公開はやめようと思っていたのですが・・・
一応セオリーっぽいので一部の環境を載せていこうかと思います。

かんり

簡単に構成を箇条書きしてみます。

メイン上位繁殖水槽
水槽:45cmキューブ
濾過:底面エアリフト、外部エーハイム2215
外部濾材:エーハイメック30%、サブストラットプロ50%、LIFEリングろ材20%
スポンジフィルター:紅蜂スポンジ
底床:弱酸性 下から大磯砂、レッドビーサンドノーマル、レッドビーサンドパウダー
   弱アルカリ 下から大磯砂、GOLDEN SOIL
その他:竹炭、亜炭、活性サンゴ、マジックリーフ

選別漏れ他
水槽:90cm規格水槽、60cm規格水槽、その他小型
濾過:90 底面エアリフト、エーハイム2217
   60 底面エアリフト、エーハイム2213
   小型 底面のみor底面+エーハイム2213or無濾過ベアタンク
外部濾材:エーハイメック60%、サブストラットプロ40%
スポンジフィルター:紅蜂スポンジ
底床:いろいろですが大抵メインと同じ
その他:竹炭、活性サンゴ、マジックリーフ

飼育水:地下水そのまま

添加材等:SUPER BICOM78 SUPER BICOM21PD 腐葉土

水質:弱酸PH5.5位、アルカリPH7.4位 他の数値は知りません・・・


と、こんなところです。
管理については次の記事に書こうかと思います。



チョコレートシュリンプ色彩変異

タイトル・・・少しおかしいですよね。
色が違ったらすでにチョコレートシュリンプじゃないじゃん・・・


みどり

えー、このエビなんですが実にいろんな色が産まれてきます。
今のところ緑系、黒系、青系、黄系なんかが出てきてるんですが、
各色を系統別に別管理して累代していますが、徐々に固定の兆しが出てきてます。
発色も緑系なんかはインドグリーン以上に緑な個体も出るほどに強化されてます。
画像の個体はまだサイズが小さいので成体だともうチョイ濃くなります。
今はまだ元のチョコみたいなベタ塗り個体には程遠いですが、
そんな個体ができたら・・・
と皮算用してしまいます(爆
ところで、以前の記事で海外のサイトにレッドチェリーと同亜種と書いてあると
言っていたんですが、どうなんでしょうか?
ウチの考えでは
①レッドチェリーってこんな簡単に色違い出るのか?
②そもそもheteropodaによくある背中の太線がどの個体にも見当たらない。
③黄色い卵はいませんが?
④コケ取り能力皆無
以上のことからやっぱりzhangjiajiensis じゃね?
ってことになってますが・・・
まあエビの分類はけっこうデタラメらしいので・・・
ウチではzhangjiajiensis で通していこうかと思います。

こいつら・・・

この巻き貝共ですが・・・
見てのとおり全く仕事をしません。
エビ様にあげたエサにエビ様より早く群がり
やりたい放題・・・

らむず

どーでもいいからこの汚いガラスをなんとかしろ!
こいつらが働くのは水草水槽だけなんでしょうか?
どこからともなく沸いてくるモノアラガイのが偉いと思う今日この頃・・・

交雑実験水槽

トップ記事の雑種エビなんかを管理してる
交雑水槽の黒ビー(こいつも交雑のF2)です。

ビー1

なにやら抱卵してたのでパチり。
どんなカオスなエビが産まれてくれるやら楽しみです。
しかし・・・いいカメラが欲しい・・・
7000円のコンパクトにはそろそろ限界を感じてます・・・
皆さん綺麗な写真撮ってますがどんなカメラ使ってるんでしょうか?
つぶやき

東方蝦

いくらか見易くなったかな・・・

幻想郷カウンター
現在時刻

チルノ⑨時計
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。